時代に合った住まいづくりをするためにリフォームという選択

リフォームをすることで新築の状態を維持できます

電気工事の注意点

電気経路の切断事故が多い

最近は建造物の改修工事や解体工事が増加しています。アベノミックス効果もあり、国内経済が回復基調を示しており、企業業績も改善しています。解体工事や改修工事を行う時には既存建造物の図面をチェックする必要があります。特に、地中埋設物の位置については確認が必要です。工事中に電気経路を切断して周辺を停電させてしまうという事故が散見されています。古い建造物ですと図面が残っていない場合があるので専門の電機工事業者に地下部分の状況をチェックしてもらうことが重要です。電気工事専門業者であれば電気経路の確認はそんなに難しいことではありません。経路の部分の切り回し工事を先行して行ったうえで本工事である改修や解体を行えば周辺に迷惑をかけることにはなりません。

今後の電気工事の重要なこと

建物を使って初めて気が付くのが電気工事についての打ち合わせ不足です。空調工事や給排水衛生工事については取り付け場所を事前い明確にする子?が出来ます。しかしながら電気工事で取り扱うものはコンセントやスイッチ、分電盤よ照明ですので、数が多いこともあり、事前に詰め切れない場合があります。電気工事が終わってから使い勝手を考えて変更してもらうことになってしまうことがあります。事前に図面上で使い勝手まで検討することは難しいのですが、電気工事をやり直さないで済むようにするには必要な検討です。電気工事でも省エネがテーマになっています。LED照明は既に絶対条件になっています。最近はセンサー付の照明で人を感知するとついたり消えたりするものが受け入れられています。